6月 14

ノーベル賞受賞者も大変

なんでもソウルで開かれていた科学ジャーナリスト世界会議問題が起こったみたいですね

「女性が研究室にいると困る」と発言したノーベル賞受賞者のティム・ハントさんがその責任から名誉教授職を辞任したんだとか

おそらく研究に没頭するためには色恋沙汰は御法度ということが言いたかったのでしょう

男女平等社会、科学分野への女性進出が言われているときに逆行する発言でしたね

私もどちらかというと男尊女卑で育ってきたから元教授の発言は理解できるんです

別に女性を蔑視するということでもないだろうし、研究のためにはやっぱり環境も大事だということでしょう

72歳ということだし、これまでにそういう経験があったんでしょうね

研究というのは自室にこもってコツコツとやっていくもの、そこに変な色があったら変な気にもなるでしょう

男と女がいたら自然の摂理から言ったらそういう関係を意識するのは当たり前

これが原因で職を辞するのも運命ということだけでは可哀想ですね

口は禍の元、どの分野度の世界でも当てはまることなんですね

熊本といったら馬刺しなんて一体誰が決めたのでしょう?

熊本、実は地鳥も美味しいんですよ!馬刺しと比べて値段も安いし、美味しいのは熊本の土地が育てているからでしょうね

私が仕事で熊本に行ったとき必ずといっていいほど寄るのが熊本居酒屋なんです

そんじょそこらの焼鳥屋さんとは全くの別次元!一度食べたら辞められませんよ


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー