9月 15

課題の多い、歯科経営に取り組む時

夢だったのは歯科になること。ならば、実際はいずれ開業しなくてはです。
自分のみ1人では出来ませんから、歯科衛生士の確保や場所の確保も必要です。
医療事務でも歯科の分野の事務を確保したり、設備投資も大事になってきます。
立地条件がよければそれだけ競争率も高いので、どこで差をつけるかが必要に。
そして、経営費はバカにならないので、ホームページ制作も必要になってきます。
自身の経営の仕方によっては、3年以内に倒産する場合もあるといいます。
まず自己資金が必要。課題の多い、歯科経営に取り組む時は様々クリアしないと。
特定のコンサルタントを付ければ、コンサルティングの費用もかかるのですから。
経営資金がどれだけあるか、そこから続けて行くための資金や必要経費など。
そこにはもちろん人件費も入ってくるので、取り組みはかなり厳しいのが現状。
いくつかの他にもある課題の上で、歯科経営は始められるので、資金だけでもない。
人員確保、機材確保、それに見合った医院であることが必要とされるてきますが。
もちろん意気込みがあっても、それだけでは難しい。
1番必要とされる場所で、いつ頃がいいかなど、課題は大きいと言えます。


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー