1月 3

クリーニングとホワイトニング

コーヒーやお茶を毎日飲み続けていると歯の表面に色が付き、タバコを吸う人はヤニが付いてしまいます。
こうした着色汚れは毎日行っている歯磨きでは落とす事が出来ずできないので、歯医者さんでクリーニングをしてもらうと必要があります。
よくクリーニングとホワイトニングが同じだと思っている人もいますが、きちんとした違いがあるんですよ。
歯本来の艶や輝きを取り戻す方法をクリーニングと言い、クリーニングできれいになった歯の色を白くする方法をホワイトニングと言います。
歯をクリーニングするだけでも歯が白くなったように感じますが、自分にホワイトニングが必要なのか迷ったら歯医者さんに相談するといいですよ。
でもホワイトニングが向かない人もいて、誰でもできる訳ではありません。
ホワイトニングに向かない人とは、妊娠中の方、授乳中の方、無カタラーゼ症、
重度のテトラサイクリン歯、小児になり、神経が死んでいる歯にホワイトニングをする事もできません。
また、虫歯がたくさんある、重度歯周病の場合には治療を優先してからホワイトニングをする事になります。


最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー